SUPヨガ @KuKahi(明石 林崎)

海上のヨガ。広大な海と空を全身で感じてみませんか?

美しいサンセットが見所です。

本年度はインストラクター3人体制で行います。プロフィールはこちら



開催詳細

日時

※終了時刻は前後する場合がありますので、あらかじめご了承願います。

 ※こちらの空き状況は最新です。予約フォームに日程が載ってない場合は、備考欄に希望日をご記入下さい。

予約完了メールを送りますので、それに対して必ず返信下さい。

※予約が取れない場合もメールを送りますので、2日以上経っても返信が無い場合は、電話でご確認下さい。

080-4246-4956 (クーヨガ)

 

 

■2016年 10(10/28更新)

●10/29(土)15:30 〜17:30 6,000円 (税込、施設利用料込) 【1

内容:SUPレッスン(30分)、SUPヨガ(60分)、グラビティヨガ(室内リラックスヨガ)(30分)

担当:大久保かれん

 

大久保かれん先生のSUPYOGAプログラムは「ペアヨガ」が組み込まれております。

ペアヨガは海の中に入ることが多いので、濡れてもいい服装でご参加ください。

浅いところで行ないますので、ご安心ください。

 

 

 

集合場所

KuKahi(http://kukahi.club/)

※店頭にて受付を行います。用紙の記入やお着替えがありますので15分程前にお越し下さい。

 

 

定員

10名様

(最少催行人数 4名様)

 

 

持ち物

●水着やラッシュガードなど、水に濡れても良い動きやすい服装

※ウェットスーツのレンタルあります。

●水、タオル、着替え

●ビーチサンダル(貝殻が多い場所があります。裸足は危険です。) ※SUPは裸足で行います。

●日焼け止め、帽子、サングラス等の紫外線対策グッズ ※ご自身の判断でご持参下さい。

●海のコンディションによっては酔う場合もあります。酔いやすい方は、事前に酔い止めを飲んでおくことをお勧めします。

  

 

アクセス

●所在地:〒673-0036 兵庫県明石市松江60

●駐車場:1,000円/日※空きがあればご利用いただけますが、週末はすぐに一杯になります。出来るだけ公共機関をご利用の上お越しください。

●電車:J山陽電鉄 林崎松江海岸駅 徒歩5分

 

 

施設案内

●更衣室、鍵付きロッカー、ドレッサー、ドライヤー

●シャワー室(シャンプー、ボディーソープ)

●売店、BBQスペース

 

 

参加方法

Kukahiへお電話かメール、もしくは、下記リンクよりご予約、お問い合わせ下さい。

CALL: 078-920-8817(Kukahi)

MAIL: info@kukahi.jp

※キャンセルは2日前までにお願いいたします。
※当日は100%、前日は50%のキャンセル料が発生しますので、ご注意ください。

※天候不良で中止の場合はkukahiから連絡が入ります。(朝開催は前日19時まで、サンセットは当日12時までに)

その場合はキャンセル料は発生致しません。


海の上に大きなサーフボードを浮かべ、その上でヨガを行います。

広がる地平線、刻々と表情を変える空を眺めながら波に浮かんでいると、私たちは自然に生かされているという真実に気づかされます。

 

SUPヨガは経験に関わらず、お一人一人の目的に合った楽しみ方ができます。

ただ波に浮かぶだけでも気持ちが良く、海からの新鮮な空気を全身に取込むことにより高いリラクゼーション効果があります。

体が硬い人、歪みが気になる人は揺られることによって、無意識の体の緊張や強張りがほぐれていきます。SUPをリハビリに利用する方もいらっしゃいます。

体幹を鍛えるにはとても有効です。不安定な波に立つと、地上では意識しづらい深層部の筋肉を使うようになります。しなやかでバランスの良い筋肉がついてきます。

 

場所は明石の林崎松江海岸にあるSUP専門店Kukahi(クーカイ)

林崎の海岸は、まっすぐと伸びた砂浜、広々とした視界、遠浅で綺麗な水が魅力です。

お店は木をふんだんに使ったお洒落なハワイ調。海を眺めながらゆったりくつろげるので、時間の流れを忘れてしまいます。

 

年々注目を集めているSUPヨガ、一度体験してみませんか?

SUP(サップ)とは? ~kukahiホームページより~

SUP(スタンドアップ・パドル)

1960年代、ワイキキのビーチボーイズらによって、大きなサーフボードの上に乗ってオール(パドル)を使い漕ぐ乗り方が生まれた。上級者では、沖からのテイクオフもパドルを使うことにより可能。

大人や子供、男女や経験問わず「簡単に海の上をお散歩できるサーフィン」として、多くの人達が楽しめるサーフスタイル。それが、「スタンドアップ・パドル」です。

 

長距離を移動することも可能であり、波や風が無いフラットな海水面でも楽しめる事から、世界中で子供から高齢者まで許容範囲の広いウォータースポーツとして注目されています。